menu

賠償責任を追及したくてもできない?請求には時効があるって本当?

例えば建物を改築しようとしたら、10数年前に購入した敷地に瑕疵があり、改築に制約がかかることが判明したとします。この場合、土地の売主に対して瑕疵担保による損害賠償責任の追及はできると思いますか?

実は瑕疵担保による損害賠償請求権は10年間権利を行使しなければ時効により消滅してしまいますので、売買契約から10数年経過していれば売主に瑕疵担保責任の追及はできなくなります。

このように、賠償責任には時効が設けられていますので、後でトラブルにならないためにもその内容を把握しておく必要があります。

損害賠償請求の手続方法は?

相手に損害賠償金を請求し、請求通りにすぐに支払ってくれれば良いですが、話がまとまらずに相手が納得しない場合には解決に至りません。ではどうすれば良いのか、損害賠償請求の手続き方法は次の通りです。

・内容証明郵便で請求する

その場合、内容証明郵便で請求することで損害賠償請求に対する強い決意を示すことができます。ただし内容証明郵便を送っただけで解決に至ることは多くありません。

・調停手続きを行う

そうなると調停を起こすことを考えなければなりませんが、この場合、簡易裁判所や家庭裁判所で調停手続きを行い、裁判所の調停委員に間に入ってもらい話し合いをすることになります。しかし双方の言い分が対立してまとまらなければ、調停は不成立になります。

・裁判で決着することを求める

調停で話がまとまらない場合にはいよいよ裁判になりますが、簡易裁判所、地方裁判所、家庭裁判所などに民事訴訟として損害賠償請求訴訟を提起することになるわけです。

法的手続の中で最も強力で最終的な手続きと言えますが、判決で決着が出るので、損害賠償を請求する原告側が、加害行為(債務不履行)と損害発生の因果関係などを主張するための証拠が必要です。

・和解という方法も選択肢の1つ

証拠が不十分では請求しても認められないということと、判決までにはある程度時間がかかることは理解しておきましょう。

また、十分に立証できないなどの状況で、なるべく早く確実に損害を賠償して欲しいというのなら、和解で解決したほうが合理的な場合もあります。

請求せずに放置すれば時効で権利が消滅する点に注意!

損害賠償は請求せずに放置しておくと時効にかかってしまうことになります。

契約関係にある当事者間での債務不履行による損害賠償請求は10年、商事債権は5年、不法行為に基づいた契約関係にない当事者間での損害賠償請求は3年で時効を迎えます。

また、権利を行使することが可能な時点を起算点とするため、例えば債務不履行による損害賠償なら債務不履行があった時点からカウントすることになり、不法行為なら加害者や損害を知った時点からカウントすることになります。

後回しにしていて損害賠償請求ができなくなったという事のないように、損害賠償請求の種類それぞれに時効があることを知っておく様にしてください。

サイバー攻撃による犯罪とは?

製造・検査・運搬など工場での業務におけるリスクマネジメントとは?

関連記事

  1. 業務中や昼休み中に自転車事故が起きた時の責任の所在は?

    現在、自転車運転のマナー違反や自転車による死傷事故などが社会問題になるなど、便利な移動のツールであり…

  2. 知らないと怖い!施設賠償保険とは?その補償内容と必要性

    自社ビルや不動産を所有している経営者の方は、施設賠償責任保険という物を知っていますか?あまり知られて…

  3. 株主代表訴訟から役員を守る!役員個人が抱える賠償リスクとは?

    すっかりグローバル化した経済状況の中、変化し続けるビジネスの機会を見失わないように、役員はその複雑で…

  4. 自動車事故による賠償責任で時価以上の修理代を請求されたら?

    勤務中の移動や、工場内の車両事故、通勤途中の事故など私達の日常生活には様々な場所で自動車事故の危険が…

  5. 建設業者には必要?万が一に備える使用者賠償責任保険とその内容

    従業員が業務中の災害によってケガをしたり、最悪の場合は死亡した場合には企業はその責任を問われる事にな…

  6. 資材請負賠償責任保険の特徴と補償される範囲は?

    工事中は勿論、工事が完了した後にも工事を請負った会社には様々な賠償のリスクがあります。発生する様々な…

  7. 要注意!加害者が死亡の場合賠償責任は相続人に相続される?

    交通事故などで、加害者が死亡してしまった場合に被害者に対する賠償責任はそのまま相続人に相続されるので…

  8. リコール対象となった製品は迅速に通知の実施を!

    もし会社が製造した製品で負傷者が出た場合や、さらにその製品と同じバッチで生産された製品の内部に欠陥が…

PAGE TOP