menu

サイバー攻撃による犯罪とは?

インターネットを悪用して犯罪を行うサイバー攻撃。近年深刻化するこの問題を解決に導くために、警視庁は関連する6つの部署を集約して「サイバービル」という新しい捜査拠点を設置しました。

サイバービルは東京文京区に設置されており、生活安全部、公安部、刑事部と分かれていた部署の約500名が捜査にあたっていきます。

このように安全確保のために様々な対策が講じられるようになるほど、サイバー空間の脅威は年々深刻化しています。

サイバー犯罪とはどのような犯罪?

そもそもサイバー犯罪とはコンピュータ技術や電気通信技術を悪用して行う犯罪です。

日本では、刑法に規定されているコンピュータや電磁的記録を対象とする犯罪、これ以外で犯罪実行にネットワークを利用して行う犯罪や犯罪行為ではなくても犯罪の敢行に不可欠な手段としてネットワークを利用する犯罪、不正アクセス行為禁止などに関する法律違反などがサイバー犯罪とされています。

・コンピュータや電磁的記録を対象とした犯罪

金融機関などのオンライン端末を不正に操作し、他人の口座から自分の口座に預金を移すといった犯罪や、サーバに保存されているWebページのデータを書き換えるといった犯罪などが該当します。

・ネットワークを利用する犯罪

ネット上の掲示板に販売広告を掲示して違法な物品を販売する犯罪や、ネットオークションで持っていない物を出品して代金を落札者からだまし取る犯罪、ネットに繋がれたサーバにわいせつ映像を置いて閲覧させる犯罪など、ネットワークを利用して実行する犯罪が該当します。

・禁止されている不正アクセス行為に対しての法律違反

他人のIDやパスワードを無断使用し、ネットを通じてコンピュータを不正使用した場合や、不正にプログラムを使用してネットワーク越しにコンピュータを不正使用した場合、コンピュータ利用に必要なIDやパスワードなどを利用者に無断で第三者に伝えた場合、他人のIDやパスワードを不正取得、保管、入力要求した場合などが該当します。

サイバー犯罪の特徴を踏まえた上での対策が必要

ネットワークを利用したサイバー犯罪は、匿名性が高く、証拠が残りにくく、不特定多数に被害が及ぶという特徴があります。

また、時間や場所の制約がないので、どこからでも瞬時にネットワークを利用して犯罪を実行することもできるので、企業などはこのリスクに対してどのように対策を講じるのか検討していかなければなりません。

今はまさにネットワーク社会が到来したと言える状況ですので、ネット上のサイバースペースと現在空間との間にできた物理的や意識的な差を埋めていくことが必要となるでしょう。

リコール対象となった製品は迅速に通知の実施を!

賠償責任を追及したくてもできない?請求には時効があるって本当?

関連記事

  1. 要注意!製造業でなくても製造物責任を負う?PL責任とは

    製造物の欠陥によって、消費者に損害を与えた場合に企業は、製造物責任を負う事になります。しかし、これは…

  2. 建設業者が加入する工事保険の特徴と保険金が支払われる場合

    建設業者には、様々なリスクがありますがそれらに対して備える工事保険というものがあります。工事保険にど…

  3. 製造業者必見!異物混入事故に関わる賠償責任とその金額

    食品衛生に対する法令や、企業の取り組み、国民の意識などに対して、日本は先進国の中でもトップクラスでは…

  4. 建設業者には必要?万が一に備える使用者賠償責任保険とその内容

    従業員が業務中の災害によってケガをしたり、最悪の場合は死亡した場合には企業はその責任を問われる事にな…

  5. 会社役員を取巻くリスクは増加!法人の賠償責任保険の重要性

    近年、企業の不祥事によって会社役員が訴えられるケースは増加傾向にあります。原因は経営者自身の経営判断…

  6. 資材請負賠償責任保険の特徴と補償される範囲は?

    工事中は勿論、工事が完了した後にも工事を請負った会社には様々な賠償のリスクがあります。発生する様々な…

  7. 製造業でのPL事故のリスクは莫大で未知の危険が潜在する

    製造業は労働災害による死者数が大変多い業種で、様々なリスクが存在します。中でも特に心配なのは、PL事…

  8. 要注意!役員の賠償責任から訴訟に発展!訴訟保険の必要性

    近年、多くの企業の会社役員に対して賠償責任が追及され訴訟に発展するケースが急増しています。株主代表訴…

PAGE TOP