menu

要注意!製造業に潜むリスクとは?PL保険の対象となるもの

平成7年に施行されたPL法によって、商品の欠陥が原因で損害を受けたことを消費者が証明すれば、メーカー側に過失がなくても賠償請求が可能になりました。これによって企業はより一層、賠償請求をされるリスクが高まった為、それに対する備えが必要になります。

【PL保険】
企業のこのような賠償責任について、自社の資金だけで賄うことは難しくなります。
企業の様々なリスクを補填する為に有効な手段として、PL保険があります。
PL保険は、別名「生産物賠償責任保険」と言い、第三者に引き渡した物や、製品、業務の結果に起因して賠償責任を負担した場合の損害を、身体障碍または財物損壊が生じることを条件としてカバーする賠償責任保険のことを言います。
被保険者になるのは、製品メーカー、流通、販売者、保険の対象とする業務を行う事業者です。

【製造業に潜むリスク】
製造業におけるリスクは下記のように様々なものがあります。
・レストランで食事をした客が帰宅後、食中毒を発症し入院した
・工事業者が水道管の工事を行ったが、水道管のつなぎ目の締め付けが緩く、後日そこから水漏れが発生した。
・自動車整備工場で車のオイル交換をしたが、高速道路を走行中にキャップが外れて、オイルが漏れ、オーバーヒートした。
・メーカー製造の化粧品を使用したら、肌荒れや皮膚炎を起こした。
・食品メーカーから購入したカップ麺に、金属のかけらが混入していた。
このように、製造業が負うリスクは多岐にわたり年々増加しています。

【どのような対策が必要か】
製造業だけではなく、今や企業を取巻くリスクは多種多様な物になっています。これらのリスクは、年々複雑化しており、経営者はそれらに対する対策をしっかりと考えていかなければなりません。
企業を取巻くリスクは大きく分けて、「業務災害」「雇用リスク」「賠償責任」「財産」になります。
それぞれに必要な補償は変ってくるため、各社で対策も違ってきます。保険会社にはそれぞれのリスクに個別に対応できるよう必要な補償を組み合わせて契約できる保険もあります。
まずは、自社のリスクを的確に把握するためビジネスの概要を保険会社に正しく伝え、リスクの洗い出しから始めましょう。
保険会社はリスクの見える化を行い、リスクに対するソリューションを提案してくれます。

【まとめ】
製造業を始め、企業には様々なリスクが存在します。企業の様々なリスクについて、自社の資金だけで補填する事は難しいため、これらの保険を活用することをお勧めします。
まだ加入していない経営者は、早めに対策を取るようにしましょう。

労災で訴訟を起こされる前に企業ができる対策を知っておこう

要注意!企業の製品回収に関わるリコール費用の対策は充分?

関連記事

  1. 長引くと不利になる場合も!損害賠償責任には時効がある!

    損害賠償請求を受けた加害者側にすれば、早く示談交渉をして解決したいと思いますが、被害者の立場からすれ…

  2. 工場が火事になった場合企業が負う賠償責任や従業員への補償

    工場内で爆発事故が起き火災が発生した場合には、工場の修復や復旧の為に最低数週間はかかるでしょう。この…

  3. 要注意!役員の賠償責任から訴訟に発展!訴訟保険の必要性

    近年、多くの企業の会社役員に対して賠償責任が追及され訴訟に発展するケースが急増しています。株主代表訴…

  4. 事務所や資材置き場・倉庫に関する賠償責任保険の内容

    事務所や資材置き場・倉庫などの万が一のリスクに対して、補償される賠償責任保険があります。保険に加入し…

  5. 建設業者には必要?万が一に備える使用者賠償責任保険とその内容

    従業員が業務中の災害によってケガをしたり、最悪の場合は死亡した場合には企業はその責任を問われる事にな…

  6. 会社役員を取巻くリスクは増加!法人の賠償責任保険の重要性

    近年、企業の不祥事によって会社役員が訴えられるケースは増加傾向にあります。原因は経営者自身の経営判断…

  7. 賠償責任を追及したくてもできない?請求には時効があるって本当?

    例えば建物を改築しようとしたら、10数年前に購入した敷地に瑕疵があり、改築に制約がかかることが判明し…

  8. もらい事故に遭ってしまったら?賠償責任はどうなる

    もらい事故とは、こちらに何の責任もなく相手側の一方的な過失によって起きた事故の事を言います。日本では…

PAGE TOP