menu

建設業者には必要?万が一に備える使用者賠償責任保険とその内容

従業員が業務中の災害によってケガをしたり、最悪の場合は死亡した場合には企業はその責任を問われる事になります。このような場合に、企業は多額の賠償請求をされるリスクがありこれらのリスクに対する備えとして使用者賠償責任保険は大変有効になります。建設業者にとって欠かせない保険である使用者賠償責任保険について、その必要性や補償内容を詳しくみていきましょう。

【使用者賠償責任保険とは】

従業員が業務上の災害によって心身に障害を負った場合、または死亡した場合に労災認定がおります。労災認定が認められ、企業側にも安全責任を怠ったなどの何らかの責任があった場合法律上の賠償責任が生じます。近年は、この賠償責任が年々増加傾向にあり、金額も増えています。中には、数億円という賠償責任を請求されたケースもあるため、企業は従業員の万が一に備え何らかの備えが必要になります。これらを全て労災保険で賄う事は難しいため、使用者賠償責任保険が有効になるのです。この保険では、被災者に支払う補償金の他、和解金、訴訟費用なども支払うことが出来ます。

【使用者賠償責任保険の補償内容】

具体的には、どのような場合に保険が適用されるのでしょうか?使用者賠償責任保険では、損害額が以下の合計を超えた場合その超過分について支払われる事になります。

・労災保険から支払われる金額

・企業で独自に支払われる災害補償規定に基づいて支払われる金額

労災保険は国から支給されるもので、企業独自で規定のある災害補償等については各企業から支払われます。

【使用者賠償責任保険の必要性】

昨今の過酷な労働問題や、非正規雇用者の増加、経済の低迷など様々な要因が複雑に絡みこれからも企業における従業員への賠償責任は更に増加し、企業負担も重くなることが予想されます。賠償金の企業負担は会社にとって大きなダメージとなり、中には賠償金の支払いが出来ずに倒産した企業もあるほどです。賠償金は、人の命に関わるものですので高額になるのは当然ですし、企業がこれらのお金を会社の資金から準備するのはとても大変な事です。このような事を考えると使用者賠償責任保険は、万が一に備えるものとして必要不可欠なものである事は確かでしょう。

【まとめ】

事故や、災害が起きてしまう事を事前に予測する事は困難です。しかし、起きてしまった後の行動を変える事はできます。もしも、使用者賠償責任保険に加入しておらず被災者に対する金銭的な対応が遅れてしまったら企業は同時に社会的信頼も失う事になります。使用者賠償責任保険は、従業員を守る為、災害時に迅速な対応をする為、業務災害が起きてしまった時の企業防衛の為にも加入しておくべき保険と言えるでしょう。

儲かり続ける工場経営で必要なものとは?経営者が意識すべき事

自動車事故による賠償責任で時価以上の修理代を請求されたら?

関連記事

  1. 業務中や昼休み中に自転車事故が起きた時の責任の所在は?

    現在、自転車運転のマナー違反や自転車による死傷事故などが社会問題になるなど、便利な移動のツールであり…

  2. 賠償責任を追及したくてもできない?請求には時効があるって本当?

    例えば建物を改築しようとしたら、10数年前に購入した敷地に瑕疵があり、改築に制約がかかることが判明し…

  3. 自動車事故による賠償責任で時価以上の修理代を請求されたら?

    勤務中の移動や、工場内の車両事故、通勤途中の事故など私達の日常生活には様々な場所で自動車事故の危険が…

  4. 建設業の経営者や労働者が加入できる退職金制度とは

    建設現場で働く人や、事業主などが加入する事ができる退職金制度を「建設業退職金共済」と言います。これは…

  5. 経営者の様々な責任やリスクに対する有効な保険とは

    経営者には、従業員や、消費者、取引先などに対する様々な責任やリスクが存在します。このような経営者のリ…

  6. サイバー攻撃による犯罪とは?

    インターネットを悪用して犯罪を行うサイバー攻撃。近年深刻化するこの問題を解決に導くために、警視庁は関…

  7. 活動目的によって分類される建設業共同企業体制度(JV)とは?

    建設現場などでよくJVと書かれた看板を見ることはありませんか?これは建設業共同企業体と言われ、複数の…

  8. 要注意!加害者が死亡の場合賠償責任は相続人に相続される?

    交通事故などで、加害者が死亡してしまった場合に被害者に対する賠償責任はそのまま相続人に相続されるので…

PAGE TOP