menu

儲かり続ける工場経営で必要なものとは?経営者が意識すべき事

工場の経営で、儲けを出し続ける為には経営者のフォローと、従業員の適性を見出し評価する事が重要になってきます。経営者の意識を少し変えるだけで、工場経営がスムーズに運ぶ、という事を経営者はぜひ理解しておきましょう。実際に、どのような事を意識していけばよいのか見てみましょう。

【経営者が意識すべき事】

経営者が意識すべき事は、「仕組み」と「チームオペレーション」と「従業員のフォローと評価」です。これらは、どれが欠けても機能しなくなりますので順調な工場経営の為にしっかりと覚えておきましょう。

・仕組み

やる気を引き出すために、工場経営や工場の仕組みを見える化していく事が大切です。

・チームオペレーション

そして、この仕組みを正しく機能させていく為には、チームのリーダーによるチームオペレーションを構築する事が大事になってきます。

・評価とフォロー

最後に、仕組みの原動力となるのが現場作業員のやる気です。いかにして、作業員のやる気を引き出すかが大きなカギとなるでしょう。個々のやる気を引き出す為には、作業員への評価とフォローが必要になります。

【評価とフォローは経営者しか行えない】

現場で働く従業員や工場長などは、経営者からのフォローと評価を欲しています。それは、常に自分の仕事の有能性や重要性を確認し実感したいからです。そして、これらは経営者しか行えない事です。特に、自立性や自発性をもって仕事に取り組むとき、仕事を通して自身の有能性や重要性を再確認したい時などには尚更でしょう。経営者は、従業員や、工場長などに対する評価とフォローを常に与えていく事で、そこで働くものは仕事へのやる気をアップさせる事ができ、更に頑張ろうという気持ちが出てくるのです。

【中小企業の強みを生かす】

企業規模では、大手の企業には負けてしまいますが中小企業ならではの強みを生かして工場経営を行っていく方法があります。それは、大企業のように経営者が多忙で、工場を見回ったり、経営者の目が行き届かないという事が少なく経営者が従業員一人一人に目を配り、気配りができるという事です。これらを継続する事により、経営者と社員、部門間の一体感や連帯感を生みだす事に繋がるのです。これらは、大企業にはない中小企業の強みと言えるでしょう。

【まとめ】

工場経営は、経営者が上手く現場に働きかける事によって、そこで働く従業員のモチベーションをドンドン上げる事ができ、経営も大きく変わります。中小企業は、その働きかけがしやすい、また経営者の言葉が部下に浸透しやすいというメリットがあります。経営者はこれらを意識して強みを活かしながら、経営を行っていくとよいでしょう。

工場の改善・効率化の為の有効な取り組み方法とは?

建設業者には必要?万が一に備える使用者賠償責任保険とその内容

関連記事

  1. 製造・検査・運搬など工場での業務におけるリスクマネジメントとは?…

    もし工場で事故や災害、機械のトラブルが起きれば、自社だけでなく顧客や関連企業などにまで影響を及ぼすこ…

  2. 工場火災のリスク!設備を万全にしておけば工場火災は防げる?

    工場で火災が発生した場合、それは住宅火災とは比較できないほど大きな被害が発生します。工場には、燃えや…

  3. 重要!工場で死亡事故が起きた場合には誰が安全管理責任を問われる

    もしも、自社の工場で死亡事故が起こってしまった場合誰にどのような責任が生じるのでしょうか?死亡事故が…

  4. 異物混入事故にはどんなものがある?混入を防ぐための対策

    昨今、ニュースや新聞で度々目にする機会が増えた異物混入事故ですが企業側にとってはまさに、イメージを低…

  5. 工場の改善・効率化の為の有効な取り組み方法とは?

    経営者のよくある悩みとして、工場の改善や・効率化などの取り組み方法がわからないという問題があります。…

  6. 企業のリスクマネジメント!工場爆発事故で企業が負うリスク

    工場内で事故や災害などが発生すると、その被害は拡大され大きなものになります。企業は、これらのリスクを…

  7. 工場の死亡事故リスクを最大限軽減させるための3つの方法!

    近年工場での災害や事故が多く発生しており、中には悲惨な死亡事故も起きています。工場関係者や、現場で働…

  8. 工事現場における火災のリスクと防火対策について

    日本は、高度経済成長を経て商業施設や、高層ビル、インフラの整備など目まぐるしい発展を遂げてきました。…

PAGE TOP