menu

工場の改善・効率化の為の有効な取り組み方法とは?

経営者のよくある悩みとして、工場の改善や・効率化などの取り組み方法がわからないという問題があります。実践方法の基本として5Sの取り組みがありますが、どのように行えば効率化に繋がるのか詳しくみていきましょう。

【基本の5Sとは?】

工場管理・改善の基本としての5Sとは、どのようなものがあるのか見てみましょう。5Sとは、「整理・整頓・清掃・清潔・躾」の略であり工場改善・管理の基礎となる物です。具体的には、下記のような事を実践していきます。

・整理  必要なものと不要なものを区別し、不要なものを処分する

・整頓  必要なものがすぐに取り出せるように、置き場所や、置き方を決めわかりやすくする

・清掃  身の回りの物や、機械設備を綺麗に掃除し、細部まで点検する

・清潔  整理・整頓・清掃を徹底して実行し、汚れのない綺麗な状態を維持する

・躾   決められた事を決められたとおりに実行できるように習慣づける

【5Sを実践する事のメリット】

実際に、上記のような5Sを実践する事でどのようなメリットが得られるのでしょうか?工場内が、整理整頓されていなかった場合作業で使う物を探したり、部品や指示書などを探すのに時間がかかって作業の効率が低下します。探す事や、物が多くなればなるほど生産性は低下していきます。また、工場内では作業や加工をする事が多い為、ゴミや汚れが溜まりやすくなります。工場内が汚れていたり、機械にゴミなどが溜まって不備があった場合は、危険を伴ったり、製品として作ったものが不良品として返品されるようになります。このようなリスクを軽視すると、怪我や、事故に繋がり被害は工場全体に拡大します。工場内を、整理整頓すれば物を探す時間も少なくなり、効率が良くなります。また、清掃、清潔が保たれれば、怪我や事故、不良品も減り、生産性も上がります。

【躾とは】

最後の躾の部分も見ていきましょう。上記の整理・整頓・清潔・清掃を習慣つける事が躾になります。5Sの要になるのは、整理・整頓ですが、5Sを実行するのに最も重要になるのが躾なのです。躾の第一歩が挨拶で、人とのコミュニケーションです。従業員間、工場のリーダーと従業員、取引先とのコミュニケーションをうまく図りながら5Sを実行し意欲の定着に繋げます。

【まとめ】

工場内は、日々加工や作業が行われる為汚れやすく、物が散乱しやすい環境になりがちです。5Sは実行してすぐに、改善効率化出来る事ではありません。長い目で見ながら社長や、工場長自ら5Sの実行役になり会社全体で実行していく必要があります。

工場が火事になった場合企業が負う賠償責任や従業員への補償

儲かり続ける工場経営で必要なものとは?経営者が意識すべき事

関連記事

  1. 異物混入事故にはどんなものがある?混入を防ぐための対策

    昨今、ニュースや新聞で度々目にする機会が増えた異物混入事故ですが企業側にとってはまさに、イメージを低…

  2. 製造・検査・運搬など工場での業務におけるリスクマネジメントとは?…

    もし工場で事故や災害、機械のトラブルが起きれば、自社だけでなく顧客や関連企業などにまで影響を及ぼすこ…

  3. 工場火災のリスク!設備を万全にしておけば工場火災は防げる?

    工場で火災が発生した場合、それは住宅火災とは比較できないほど大きな被害が発生します。工場には、燃えや…

  4. 企業のリスクマネジメント!工場爆発事故で企業が負うリスク

    工場内で事故や災害などが発生すると、その被害は拡大され大きなものになります。企業は、これらのリスクを…

  5. 工事現場における火災のリスクと防火対策について

    日本は、高度経済成長を経て商業施設や、高層ビル、インフラの整備など目まぐるしい発展を遂げてきました。…

  6. 儲かり続ける工場経営で必要なものとは?経営者が意識すべき事

    工場の経営で、儲けを出し続ける為には経営者のフォローと、従業員の適性を見出し評価する事が重要になって…

  7. 工場の死亡事故リスクを最大限軽減させるための3つの方法!

    近年工場での災害や事故が多く発生しており、中には悲惨な死亡事故も起きています。工場関係者や、現場で働…

  8. 重要!工場で死亡事故が起きた場合には誰が安全管理責任を問われる

    もしも、自社の工場で死亡事故が起こってしまった場合誰にどのような責任が生じるのでしょうか?死亡事故が…

PAGE TOP