menu

工場が火事になった場合企業が負う賠償責任や従業員への補償

工場内で爆発事故が起き火災が発生した場合には、工場の修復や復旧の為に最低数週間はかかるでしょう。このような火災が起こった場合に、経営者は従業員に対して何らかの補償を行う必要があるのでしょうか?また火災が起きた場合に、経営者が負うべき責任などについて見ていきましょう。

【賃金支払い義務】

工場が、火災に遭った場合従業員は復旧までの期間工場で働く事ができません。企業が日給月給制の場合は、通常休んでいる間の給料は支払われない事になります。このような場合、会社に賃金支払い義務はあるのでしょうか?民法536条では、以下のように規定されています。会社が労務提供をしなかった場合、原則として労働者は賃金を受ける権利を失いますが、それが会社の責任であった場合賃金の全額を請求できることになります。民法536条には「会社の責に帰すべき事由」とあります。これは会社の故意、過失、または信義則上これと同視すべきものか」どうかが問題になります。

【企業が負う補償】

企業が、法令に基づき防火体制をしっかりと取っており、防火体制も機能していた等の事情があれば会社の過失や同視すべき事由はないと判断され従業員に対する賃金の支払い義務はありません。しかし、次のような場合労基法26条の規定によって休業手当の支払い義務が発生する場合があります。使用者の責に帰すべき事由による休業の場合、使用者は休業期間中当該労働者に対して、平均賃金の6割を支払わなければならない事になっています。労基法は、民法上の使用者の責に帰すべき事由よりも概念が広く経営者として不可抗力を主張し得ないすべての場合と規定されています。

【近隣の建物に被害が及んだら】

もしも、自社工場の火災によって近隣の建物に被害が及んだら企業はどのような責任を負うのでしょうか?個人宅の火災の場合、民法409条の失火法が適用される為、近隣の建物に対して賠償責任を負う事はありません。しかし、工場などでは電力や動力の規模が一般家庭よりも非常に大きくなっており、取り扱いは慎重にしなければなりません。工場内で起きた火災の場合は、失火法は適用されず、不法行為にあたる為賠償責任を問われる事になるでしょう。

【まとめ】

ひとたび、工場内で火災が起こると企業は、従業員、取引先、販売先、会社に対する様々な責任を負う事になります。火災や、爆発事故が起きないように日ごろから安全管理を徹底するとともに、万が一事故が起こった時の多額の賠償金のリスクにも備えておく必要があります。

建設現場で発生する事故で最も多いのは?労働災害の実情

工場の改善・効率化の為の有効な取り組み方法とは?

関連記事

  1. 建設業者には必要?万が一に備える使用者賠償責任保険とその内容

    従業員が業務中の災害によってケガをしたり、最悪の場合は死亡した場合には企業はその責任を問われる事にな…

  2. 製造業者必見!異物混入事故に関わる賠償責任とその金額

    食品衛生に対する法令や、企業の取り組み、国民の意識などに対して、日本は先進国の中でもトップクラスでは…

  3. 会社役員を取巻くリスクは増加!法人の賠償責任保険の重要性

    近年、企業の不祥事によって会社役員が訴えられるケースは増加傾向にあります。原因は経営者自身の経営判断…

  4. 製造業でのPL事故のリスクは莫大で未知の危険が潜在する

    製造業は労働災害による死者数が大変多い業種で、様々なリスクが存在します。中でも特に心配なのは、PL事…

  5. 要注意!役員の賠償責任から訴訟に発展!訴訟保険の必要性

    近年、多くの企業の会社役員に対して賠償責任が追及され訴訟に発展するケースが急増しています。株主代表訴…

  6. 輸出者だけでなく輸入者も加入すべき損害補償PL保険とは?

    商社や貿易会社で多く加入されているPL保険について、まだまだその重要性を知らない企業も多いのではない…

  7. リコール対象となった製品は迅速に通知の実施を!

    もし会社が製造した製品で負傷者が出た場合や、さらにその製品と同じバッチで生産された製品の内部に欠陥が…

  8. 要注意!製造業に潜むリスクとは?PL保険の対象となるもの

    平成7年に施行されたPL法によって、商品の欠陥が原因で損害を受けたことを消費者が証明すれば、メー…

PAGE TOP