menu

異物混入事故にはどんなものがある?混入を防ぐための対策

昨今、ニュースや新聞で度々目にする機会が増えた異物混入事故ですが企業側にとってはまさに、イメージを低下させ売り上げの低下にも繋がる深刻な問題です。異物混入事故には、どんなものがあるのか、またその対策についてもみてみましょう。

【異物混入事故の例】

異物混入は、食品を扱う工場などで起こりやすく下記のようなものがあります。

・従業員の衣服などからの混入

多くの食品工場は機械化されていますが、作業によっては手作業で行う工程もあります。食品工場で働く人は、白衣を着用し髪の毛が混入しないよう髪の毛をネットで覆うようになっています。しかし、繊維のくずや、爪、皮膚の一部などが剥がれて商品に混入する可能性があります。

・機械の破片や、パッケージ

食品工場では、多くの機械や商品を入れるパッケージがあります。機械の劣化や、故障によってその一部が商品に混入したり、パッケージやトレイなどの取り扱いが乱雑な場合はその破片が混入する可能性があります。

・昆虫や、工場で取り扱っている他の商品

食品の匂いなどに虫が寄ってくることもあります。また屋外に近い場所で作業をしている場合は、昆虫が混入しやすくなります。更に、製品の管理状態が悪い場合は商品自体に虫が湧く可能性もあります。

【異物混入は避けられない?】

それではこのように、商品に異物が混入する事は避けられないのでしょうか?飲食店などでは、異物が混入していたら気が付きやすいのですが、食品工場などでは製品が密封され一度混入した異物は、消費者の手に届くまで気づきにくくなります。企業によっては、工場での最終的なチェックの際に金属探知機を通すところもありますが、金属以外の異物には反応しません。食品工場などで作られた製品は、消費者の手に届く前に、異物混入を防止する事が大切になります。

【異物混入対策】

異物の混入を事前に予防するためには下記のような方法があります。

・従業員の服装、髪形、手、などを常にチェックする機能を付ける

・定期的に機械の点検を行う

・商品を製造するエリアは常に清潔にして、整理整頓する

・通風孔には、目の細かいネットなどを張り外部からの昆虫の侵入を防ぐ。また定期的に業者に依頼して、消毒殺菌をしてもらい虫や小動物を寄せ付けないようにする。

【まとめ】

日本の衛生管理は、先進国の中でもトップレベルと言われています。だからこそ、食品に異物が混入していた場合、大きな問題になり企業は信用を失い業績も一気に落ちてしまいます。企業は、異物混入を未然に防ぐ対策を取る事が重要になります。

経営者が知っておきたい企業におけるリスクとは?

製造業でのPL事故のリスクは莫大で未知の危険が潜在する

関連記事

  1. 重要!工場で死亡事故が起きた場合には誰が安全管理責任を問われる

    もしも、自社の工場で死亡事故が起こってしまった場合誰にどのような責任が生じるのでしょうか?死亡事故が…

  2. 工場の死亡事故リスクを最大限軽減させるための3つの方法!

    近年工場での災害や事故が多く発生しており、中には悲惨な死亡事故も起きています。工場関係者や、現場で働…

  3. 製造・検査・運搬など工場での業務におけるリスクマネジメントとは?…

    もし工場で事故や災害、機械のトラブルが起きれば、自社だけでなく顧客や関連企業などにまで影響を及ぼすこ…

  4. 企業のリスクマネジメント!工場爆発事故で企業が負うリスク

    工場内で事故や災害などが発生すると、その被害は拡大され大きなものになります。企業は、これらのリスクを…

  5. 工場火災のリスク!設備を万全にしておけば工場火災は防げる?

    工場で火災が発生した場合、それは住宅火災とは比較できないほど大きな被害が発生します。工場には、燃えや…

  6. 儲かり続ける工場経営で必要なものとは?経営者が意識すべき事

    工場の経営で、儲けを出し続ける為には経営者のフォローと、従業員の適性を見出し評価する事が重要になって…

  7. 工場の改善・効率化の為の有効な取り組み方法とは?

    経営者のよくある悩みとして、工場の改善や・効率化などの取り組み方法がわからないという問題があります。…

  8. 工事現場における火災のリスクと防火対策について

    日本は、高度経済成長を経て商業施設や、高層ビル、インフラの整備など目まぐるしい発展を遂げてきました。…

PAGE TOP