menu

経営者が知っておきたい企業におけるリスクとは?

企業には様々なリスクがあり、これは年々多種多様化してきています。このため経営者もどのようなものがあるのかしっかりと理解しておいた方がよいでしょう。企業におけるリスクを見てみましょう。

【企業におけるリスク】

企業におけるリスクとは、企業運営に何らかの悪影響を及ぼす可能性のあるもので企業における経営の損失を生じさせるものです。企業がさらされているリスクには、下記のようなものがあります。

・売り上げ減少のリスク

収入の減少は、経営者なら誰もが抱えている不安だと言えます。もし、収入が減少したら従業員への給料や、取引先への支払いや、債務が滞り会社の経営が立ち行かなくなってしまうリスクがあります。

・災害のリスク

また、災害のリスクもあります。工場などから火災が発生し在庫商品がすべて燃えてしまった場合や、地震や台風によって建物が倒壊して企業の設備や財産が損失するリスクもあります。

・賠償責任

自社の製品を使用した消費者の人体に被害が及んだ場合は賠償責任が生じます。また、他社が持つ商標権や著作権を侵害した場合も損害賠償を請求されます。

・人的損失

経営者や、役員が病気や死亡によって退任した場合も企業にとっては大きな損失になります。

【リスクマネジメントの目的】

このように企業には、様々なリスクが存在しこれらをコストとして捉え対策を取るのがリスクマネジメントです。企業におけるリスクは、いつ、どこで、どの程度の損失がでるのか予想する事はできません。だからこそ、あらゆるリスクを想定してできるだけ最小限に抑え企業経営を行っていく事が重要になってくるのです。リスクを最小限に少なくする為に損害保険に加入する場合は、そのコストを確定する事がマネジメントの一つの目的でもあります。また、リスクから自社を守り損失を最小限にするためのリスクマネジメントは経営の手法としても大変大きな役目を持っています。会社のリスクから、資産や事業活動全体を守る事にあたり企業経営を守る事になるのです。

【まとめ】

経営者は、会社を運営していく中で利益を上げる事にとらわれがちになります。しかし、リスクを回避しその為のマネジメントをしっかりとたて、ノウハウを末端の社員にまで浸透させることが実は最も大切なのです。企業におけるリスクを、未然に防ぐためにもリスクマネジメントについてもう一度しっかりと考えてみる必要があります。

気になる賠償責任保険で補償される金額と毎月の掛金

異物混入事故にはどんなものがある?混入を防ぐための対策

関連記事

  1. 活動目的によって分類される建設業共同企業体制度(JV)とは?

    建設現場などでよくJVと書かれた看板を見ることはありませんか?これは建設業共同企業体と言われ、複数の…

  2. 要注意!経営者が厚生年金に加入できる条件とは?

    会社の経営者は、自社の厚生年金に加入できるのでしょうか?法人役員の場合、社会保険の加入の判断が難しく…

  3. 要注意!企業の製品回収に関わるリコール費用の対策は充分?

    製品のリコール件数は年々増加傾向にありますが、リコールリスクに対する備えは万全でしょうか?商…

  4. 建設業の経営者や労働者が加入できる退職金制度とは

    建設現場で働く人や、事業主などが加入する事ができる退職金制度を「建設業退職金共済」と言います。これは…

  5. 経営者が保険に加入する必要性と加入する時に注意すること

    経営者は、従業員や、取引先、消費者などから賠償責任を請求されるリスクがあります。万が一に備え、経営者…

  6. 多くの経営者が勘違いしている!経営の真の目的は利益ではない

    企業とは何か、経営とは何かと問われると多くの経営者は「利益を生み出すもの」と答え「営利を目的とする組…

  7. 重要!経営者が負担する従業員の社会保険料は意外と多い

    経営者は、従業員を雇った場合に企業として負担する社会保険料についてしっかりと理解しておく必要がありま…

  8. 経営者が抱える課題は4つある!それぞれの課題と解決策

    経営者には、自社の規模に関係なく様々な課題があります。今会社経営を行っている人、これから企業を立ち上…

PAGE TOP