menu

重要!工場で死亡事故が起きた場合には誰が安全管理責任を問われる

もしも、自社の工場で死亡事故が起こってしまった場合誰にどのような責任が生じるのでしょうか?死亡事故が起きた場合は、経営者だけでなくその場にいた責任者や工場長、部課長などにも安全管理の責任が問われます。死亡事故が起こったらどうなるのか、事故に対する責任等について詳しく見てみましょう。

【事故の責任を負う事になる人】

工場内で死亡事故が起きてしまった場合、労働者に多大な過失がある場合を除き、原則として事故の責任は事業者の責任になります。また、この責任は事業者、経営者だけではなく実際に工場で指揮監督をしていた、工場長、現場監督、部課長などの監督的立場にある人にも生じます。仮に労働者が手順や方法を誤った事で事故が起きたとしても、それを防ぐことが出来なかった、安全教育を徹底していなかったとして安全配慮義務違反になるのです。もし、現場の責任者がその場にいない時に従業員が勝手に作業をしていたとしても責任は免れません。その場にいなかったという事が問題なのです。このように、安全管理の義務は、経営者は勿論、そこで働く現場監督などにとってはとても大きなリスクになります。

【使用者は労働者の生命身体の安全を確保して労働させる】

経営者は、売り上げを上げる事も大事ですが、そこで働く人達の生命や身体的安全を確保する事も重要な義務になります。安全配慮義務違反として、最近問題になっているのが従業員に対する過度な労働でそれによる過労死や、自殺などでしょう。死亡事故が起きた場合、この安全配慮義務違反と、安衛法に違反する事になり事業者と、監督者はその責任を問われる事になるのです。安全配慮義務とは、労働者が事故などに遭わないように最善を尽くす事でそれをしていなかった場合に義務違反となるのです。安衛法は、快適な職場環境の実現と、職場における労働者の安全と健康を確保するようにしなければならない責務を言います。

【リスクの大きさを知る】

このようにひとたびこのような事故が起こったら、経営者や事業者だけでなく、自分達にも責任が生じるという事を現場監督、工場長、部課長は充分に知っておくべきです。リスクについて一人一人が充分認識していれば、絶対に現場任せ、人任せにはできないはずです。

【まとめ】

悲しい労働災害事故を少しでも減らす事は、それぞれの小さな心がけでできるのです。労働災害が減る事は、労働者を守るだけではなく、最終的には自分自身を守る事になるという事を、安全管理責任がある者は忘れてはいけません。

自動車事故による賠償責任で時価以上の修理代を請求されたら?

リスクに備え企業はリコール製品回収保険の加入を検討しよう

関連記事

  1. 工場火災のリスク!設備を万全にしておけば工場火災は防げる?

    工場で火災が発生した場合、それは住宅火災とは比較できないほど大きな被害が発生します。工場には、燃えや…

  2. 工事現場における火災のリスクと防火対策について

    日本は、高度経済成長を経て商業施設や、高層ビル、インフラの整備など目まぐるしい発展を遂げてきました。…

  3. 異物混入事故にはどんなものがある?混入を防ぐための対策

    昨今、ニュースや新聞で度々目にする機会が増えた異物混入事故ですが企業側にとってはまさに、イメージを低…

  4. 製造・検査・運搬など工場での業務におけるリスクマネジメントとは?…

    もし工場で事故や災害、機械のトラブルが起きれば、自社だけでなく顧客や関連企業などにまで影響を及ぼすこ…

  5. 工場の死亡事故リスクを最大限軽減させるための3つの方法!

    近年工場での災害や事故が多く発生しており、中には悲惨な死亡事故も起きています。工場関係者や、現場で働…

  6. 儲かり続ける工場経営で必要なものとは?経営者が意識すべき事

    工場の経営で、儲けを出し続ける為には経営者のフォローと、従業員の適性を見出し評価する事が重要になって…

  7. 工場の改善・効率化の為の有効な取り組み方法とは?

    経営者のよくある悩みとして、工場の改善や・効率化などの取り組み方法がわからないという問題があります。…

  8. 企業のリスクマネジメント!工場爆発事故で企業が負うリスク

    工場内で事故や災害などが発生すると、その被害は拡大され大きなものになります。企業は、これらのリスクを…

PAGE TOP