menu

リスクに備え企業はリコール製品回収保険の加入を検討しよう

消費者保護の法律や、規定、推進が進む中製品の安全基準は年々高まっています。加えて消費者嗜好の多様化、製品サイクルの短期化、技術革新による製品改良の頻繁さ、企業ブランドイメージの強化などが原因となって製品のリコール発生頻度は増加しています。企業は、製品のリコールとどう向き合い、対策を取っていけばよいのでしょうか。

【リコールが起きれば】

企業が自社製品に対してリコールが発生した場合、どのようなリスクを負う事になるのでしょうか?自動車業界の場合を例に見てみましょう。自動車業界に代表される、使用部品の共通モジュールでリコールが起きた場合、リコールの対象車種は増加し、リコールで負う事になる総費用は高額になります。このように、企業は一旦リコールが発生すればその範囲は予想以上に大きくなり、企業が負うリスクは莫大なものになってしまいます。

【リコール製品回収保険】

このような企業のリスクと経済的負担を軽減してくれるのが、「リコール製品回収保険」と呼ばれる保険です。リコール保険は、企業における経済的損失に対して、バランスシート上のプロテクションとなります。リコール保険のサービスの一つとして、危機的状況におけるブランドイメージの崩壊を最小限にし、企業の社会的信用の回復に努める目的があります。リコールの実施を最終的に決定するのは、完成品メーカーですが、その原因となる欠陥が第三者の部品メーカーにある場合部品メーカーは、完成品メーカーからリコール費用の一部、または全額を請求される可能性があります。このようにリコールに対する責任は、原因の所在によっては下請けメーカーにも存在する事になりますので、各社でリコールに対する備えをしておく必要があります。

【リコール保険の補償内容】

では、補償内容について見てみましょう。補償内容は、各保険会社や保険契約により異なりますが、一般的な補償内容は下記のようなものになります。

・欠陥製品の交換・修理・再取得費用

・告知費用

・通信・事務費用

・リコールに伴う人件費

・下請け業者、臨時雇いの雇い入れ費用

・輸送・梱包費用

・倉庫・保管費用

・廃棄費用

などになります。

【まとめ】

企業のリコールの規模は、自主回収、個別クレーム、小中規模のリコールなど様々なものがあります。企業におけるリコールの対策は、その規模に応じて適切にそして迅速に行う必要があります。そのためにも、リコール製品回収保険は必ず加入しておきたい保険の一つと言えるのではないでしょうか。

重要!工場で死亡事故が起きた場合には誰が安全管理責任を問われる

重要!経営者が負担する従業員の社会保険料は意外と多い

関連記事

  1. 企業におけるリスクとそれに関する経営者の悩みとは?

    企業のリスクは、近年多様化しておりより複雑なものになっています。このような事から、リスクに対するマネ…

  2. 要注意!経営者が厚生年金に加入できる条件とは?

    会社の経営者は、自社の厚生年金に加入できるのでしょうか?法人役員の場合、社会保険の加入の判断が難しく…

  3. 経営者も労災保険に加入できる!万が一のリスクに備え加入しよう

    労災保険は、従業員に対して災害を補償する国の保険ですが、条件によっては経営者も労災保険に加入する事が…

  4. 実態!経営者が負う事になるリスクと不安要素の軽減について

    事業を経営していくトップには、常に様々なリスクがありそれは常に多種多様なものに変化しているため、リス…

  5. 中小企業で問題視される人材不足を解消するために必要なことは?

    中小企業の場合、求人を出してもなかなか人材が集まらず、新規採用に至らないまま人手不足に陥りやすい状態…

  6. 企業経営が悪化する原因は?中小零細企業の場合

    現在経営難に悩んでいる企業は多く、特に中小零細企業においては、商品が売れない、在庫が多くある、顧客が…

  7. 経営者が引き継ぎの手続きで慌てない為の注意点と相続

    多くの経営者は、後を継ぐ後継者問題に悩まされていると思います。後継者が決まっていても、会社の借入金や…

  8. 異物混入で賠償責任を負うことになったら?リスクに対応するために

    近年、食品などに対する異物混入問題などが取り上げられるなど、問題視されています。仮に異物混入が発…

PAGE TOP