menu

企業におけるリスクとそれに関する経営者の悩みとは?

企業のリスクは、近年多様化しておりより複雑なものになっています。このような事から、リスクに対するマネジメントも複雑になってきており経営者の悩みの種になっているのです。企業のリスクと経営者の悩みについて見てみましょう。

【企業のリスク】

企業におけるリスクには、主に下記のようなものがあります。

・売上減少のリスク

売上が減少すれば、従業員への賃金の未払いや、取引先への支払いや債務の返済が滞れば経営難に陥る危機もあります。

・災害のリスク

地震や、台風、火災、水害などによる災害で工場が全焼、倒壊したり設備などの会社の財産が損害を受けるリスクもあります。

・人的災害

人的な損失も企業にとっては大きなリスクになるでしょう。役員や社長が病気、死亡によって退任する場合人員が損失してしまいます。

・情報漏洩のリスク

最近大きな問題のなっているのが、個人情報の漏洩です。企業が顧客のデーターなどの個人情報を社外に流出してしまった場合、それによって受ける被害は膨大になり損害賠償を請求されるケースもあります。

・投資のリスク

また、資産運用をしようと投資をしたが思ったように資産が増えなかった場合や、逆に損失を出してしまった場合などの投資のリスクがあります。

・その他のリスク

新商品開発に伴うリスク、更なる利益を求め海外進出したがうまくいかなかった時のリスク、製品を使った消費者に損害を与えてしまった場合の損害賠償のリスクなどがあります。

【経営者の悩み】

企業のトップに立つ経営者は、常に多くの従業員の生活の補償と安定を目指し会社の業績を上げていく責任があります。企業の運営に何らかの悪影響が生じ、経営の損失が起きた場合はその責任を問われる事になります。また赤字経営が続くと、個人の財産からその損失を補填する事にもなり兼ねませんし、インフラや災害などいつ起こるかわからないリスクに対して常に意識を集中させ備えをしておかなくてはいけません。このように、経営者は従業員とは全く違う立場にいる為、多くの悩みや責任、不安、緊張の中に常にさらされているのです。

【まとめ】

経営者は、会社の規模が大きくなればなるほど多くの責任や悩みが生まれます。また、リスクについても現状経営がうまくいっている会社も、いつどのような事が起こるか、その損失も全く予想する事ができません。このような、突然に起こるリスクに対してまずは自社を防衛し損失を最小限にする努力と、法人保険などを活用し万が一に対する備えをしておく事が大切です。

建設現場で必要になる安全管理には経営者と従業員間に差がある

関連記事

  1. 建設業者には必要?万が一に備える使用者賠償責任保険とその内容

    従業員が業務中の災害によってケガをしたり、最悪の場合は死亡した場合には企業はその責任を問われる事にな…

  2. 活動目的によって分類される建設業共同企業体制度(JV)とは?

    建設現場などでよくJVと書かれた看板を見ることはありませんか?これは建設業共同企業体と言われ、複数の…

  3. リスクに備え企業はリコール製品回収保険の加入を検討しよう

    消費者保護の法律や、規定、推進が進む中製品の安全基準は年々高まっています。加えて消費者嗜好の多様化、…

  4. 多くの経営者が勘違いしている!経営の真の目的は利益ではない

    企業とは何か、経営とは何かと問われると多くの経営者は「利益を生み出すもの」と答え「営利を目的とする組…

  5. 厚生年金との差を軽減!日本建築業国民年金基金に加入するメリット

    国民年金に上乗せして、厚生年金に加入しているサラリーマンなどの給与所得者と、国民年金だけにしか加入で…

  6. 重要!経営者が負担する従業員の社会保険料は意外と多い

    経営者は、従業員を雇った場合に企業として負担する社会保険料についてしっかりと理解しておく必要がありま…

  7. 経営者が抱える課題は4つある!それぞれの課題と解決策

    経営者には、自社の規模に関係なく様々な課題があります。今会社経営を行っている人、これから企業を立ち上…

  8. 要注意!企業の製品回収に関わるリコール費用の対策は充分?

    製品のリコール件数は年々増加傾向にありますが、リコールリスクに対する備えは万全でしょうか?商…

PAGE TOP