menu

企業経営が悪化する原因は?中小零細企業の場合

現在経営難に悩んでいる企業は多く、特に中小零細企業においては、商品が売れない、在庫が多くある、顧客が離れていったなどの理由から経営が悪化していく企業が増加しています。
その為経営者は、経営が悪化する原因を知り、有効な対策を早目に取ることで経営の悪化を予防する上で重要になってきます。
経営悪化の原因や対策について見てみましょう。

【経営が悪化する原因】
企業の経営が悪化する原因として、まず考えられるのは企業が時代の変化についていけないことが挙げられます。
現在は、昔のように商品を店に並べお客さんが来るのを待っていては商売になりません。
また、会社の営業マンが商品を売り込みに行っても同じです。今最も信用されて、お客さんの心を動かすのは、その商品を購入して実際に使った人の口コミでしょう。
多くの経営者は実際に、今までのやり方を大きく変えることを拒み、結局おなじことを繰り返し行っているのです。
そして、経営が悪化すればまた銀行に借入金を依頼し、最終的に資金繰りに困窮するという事態に陥っているのです。

【経営悪化の対策】
このことを理解し、今までの販売方法や、営業を変える努力をしましょう。例えば、販売対策の見直しや、販売方法の見直し、販売商品やサービスの拡大などがあります。
具体的な方法としては、店頭販売していた商品をインターネットで販売する、そうすることで店舗運営が必要なくなり人件費や設備費が軽減されることになります。
更に、その浮いた金額で販売する商品の種類を増やしたり、開発に充てたり、お客様にサービスとして還元したりするとよい大きな相乗効果が生まれるでしょう。
また、自社のホームページを作成しそこに商品を購入した人の、口コミ、体験談などを記載するのもよいでしょう。

【事業再生と会社再建】
銀行からの借入返済は、企業に利益が出ていない場合は大変苦しくなります。借入金返済の無理がたたり、企業の倒産を招くケースも多く、経営者は事業再生と会社の再建に慎重にならざるを得ません。
このような場合、法律的な知識に乏しい経営者は間違った判断を下したり、自社にリスクの大きい方を選んだりしがちです。
事業再生や、会社再建をする場合はぜひ専門家に相談しながら行っていきましょう。

【まとめ】
経営が悪化する前に、経営者は今までの販売対策の見直しや、販売方法の見直し、販売商品やサービスの拡大などを積極的に行っていきましょう。
既存のサービスや方法を変える勇気こそが経営の悪化を未然に防ぐ第一歩になることを、経営者は知っておく必要があります。

経営者が引き継ぎの手続きで慌てない為の注意点と相続

多くの経営者が勘違いしている!経営の真の目的は利益ではない

関連記事

  1. 実態!経営者が負う事になるリスクと不安要素の軽減について

    事業を経営していくトップには、常に様々なリスクがありそれは常に多種多様なものに変化しているため、リス…

  2. 経営者が知っておきたい企業におけるリスクとは?

    企業には様々なリスクがあり、これは年々多種多様化してきています。このため経営者もどのようなものがある…

  3. 実態!建設業を取り巻く問題とは?これらの問題の改善策

    建設業界を取り巻く環境は年々悪化しており、低価格による過当競争や、人材不足などが大きな問題となってい…

  4. 企業の経営者が知っておく必要のある日本での節税の基礎知識とは?

    日本の法人税の税率は年々下がっており、平成30年4月1日以後に開始する事業年度は、普通法人全て23.…

  5. 重要!建設会社が抱える4つのリスクとそれに対する備え

    昨今、工事現場や建設現場などで多くの事故が発生しており、建設会社が抱えるリスクも増加しています。また…

  6. 厚生年金との差を軽減!日本建築業国民年金基金に加入するメリット

    国民年金に上乗せして、厚生年金に加入しているサラリーマンなどの給与所得者と、国民年金だけにしか加入で…

  7. 建設業の経営者や労働者が加入できる退職金制度とは

    建設現場で働く人や、事業主などが加入する事ができる退職金制度を「建設業退職金共済」と言います。これは…

  8. リスクに備え企業はリコール製品回収保険の加入を検討しよう

    消費者保護の法律や、規定、推進が進む中製品の安全基準は年々高まっています。加えて消費者嗜好の多様化、…

PAGE TOP