menu

重要!建設会社が抱える4つのリスクとそれに対する備え

昨今、工事現場や建設現場などで多くの事故が発生しており、建設会社が抱えるリスクも増加しています。また企業はそれらのリスクに対して何らかの備えをしておく必要があります。もし、事故が起こった場合従業員やその家族に対する補償も必要になりますし、会社も大きな損害を負う事になります。建設会社のリスクと、それに対する備えについて詳しく見ていきましょう。

【建設会社のリスク】

建設会社が抱える4つのリスクについてどのような物があるのか見てみましょう。

・建設物や資材等が損害を与えるリスク

建設中の建物や足場が崩れ、通行人に被害を与えるリスクがあります。また、マンホールの蓋が外れて通行人が落下するリスクなどもあります。

・賠償責任リスク

建設現場で事故が発生し人にケガをさせたり、死亡させたり、他人の物に損害を与えた場合には賠償責任が生じます。例えば、建設工事中に鉄材が落下し、通行人にあたり死亡させてしまった場合などがこれにあたります。また、看板の取り付けが悪く落下してしまい、通行人にケガをさせた場合もこれにあたります。

・労働災害リスク

従業員が業務中にケガを負ってしまった場合や、工事中に起きた事故によって死亡、入院、手術、通院等をするリスクが発生します。

・自動車損害・事故のリスク

建設業では、資材を運ぶ、従業員を運ぶ、土を運ぶなどの多くの自動車を使用しています。それらの車両が事故を起こすリスクがあり、車両が多い分事故の確率も高くなります。

【リスクに対する備え】

このようなリスクに対する備えとして、下記のような保険があります。例えば、建設工事保険や、組み立て保険、土木工事保険、請負業者賠償責任保険、PL保険、労働災害保険、EL保険、業務災害補償保険、自動車保険などがあります。建設業の現場においては、「安全第一」がモットーです。これを守る為にも、建設会社がリスクに備え加入する保険は不備や不足があってはなりません。建設会社はそれぞれの企業が必要になる保障を細かく分析し、自社に適した保険に加入する必要があるでしょう。

【まとめ】

建設業に従事している人の数は、約450万人で労働人口の約7%を占めています。建設業で、万が一事故が起こってしまった場合、従業員やその家族に対する賠償責任も含め、会社の損害は多大なものになるでしょう。業務内容や企業規模によって、必要な補償はそれぞれ違いますので、自社に適した補償を考えリスクに対する備えをしておくことが大切です。

輸出者だけでなく輸入者も加入すべき損害補償PL保険とは?

建設現場で発生する事故で最も多いのは?労働災害の実情

関連記事

  1. 企業におけるリスクとそれに関する経営者の悩みとは?

    企業のリスクは、近年多様化しておりより複雑なものになっています。このような事から、リスクに対するマネ…

  2. リスクに備え企業はリコール製品回収保険の加入を検討しよう

    消費者保護の法律や、規定、推進が進む中製品の安全基準は年々高まっています。加えて消費者嗜好の多様化、…

  3. 厚生年金との差を軽減!日本建築業国民年金基金に加入するメリット

    国民年金に上乗せして、厚生年金に加入しているサラリーマンなどの給与所得者と、国民年金だけにしか加入で…

  4. 工場作業の多い製造業のリスク!どのように対応する?

    企業を取巻くリスクは年々増加しており、それは業種や業態によって多岐にわたります。製造業におけるリスク…

  5. 企業の経営者が知っておく必要のある日本での節税の基礎知識とは?

    日本の法人税の税率は年々下がっており、平成30年4月1日以後に開始する事業年度は、普通法人全て23.…

  6. 経営者が保険に加入する必要性と加入する時に注意すること

    経営者は、従業員や、取引先、消費者などから賠償責任を請求されるリスクがあります。万が一に備え、経営者…

  7. 経営者も労災保険に加入できる!万が一のリスクに備え加入しよう

    労災保険は、従業員に対して災害を補償する国の保険ですが、条件によっては経営者も労災保険に加入する事が…

  8. 異物混入で賠償責任を負うことになったら?リスクに対応するために

    近年、食品などに対する異物混入問題などが取り上げられるなど、問題視されています。仮に異物混入が発…

PAGE TOP