menu

実態!経営者が負う事になるリスクと不安要素の軽減について

事業を経営していくトップには、常に様々なリスクがありそれは常に多種多様なものに変化しているため、リスクに対するリスクマネジメントも重要になってきます。経営者のリスクについて確認しながら、少しでも不安要素を軽減する為に必要なリスクマネジメントについても見ていきましょう。

【経営者が負うリスクと不安要素】

リスクとは、企業の運営に何らかの悪影響を与える要因を言い、これが経営者の悩みや不安要素の元になる場合が多くあります。経営者のリスクには、下記のようなものがあります。

・売上減少のリスク

企業の売上が減少した場合、取引先の支払いや、債務、従業員への給料の支払いなどが滞るリスクがあります。場合によっては経営者が、その責任を取り個人の財産で補填しなければならない事もあります。また、地震や災害、何らかのトラブルで生産ラインが停止し被害が出たり、盗難などによる大きな被害が生じる事もあるでしょう。

・賠償責任のリスク

また、自社の製品を使用した第三者に対して身体的被害を与えたり、物理的損害を与えた場合損害賠償を請求されるリスクがあります。更に他社の商標権や著作権などを侵害した場合も同様です。

・投資や、事業拡大のリスク

海外に進出したがうまくいかなかった場合や、新商品の開発が失敗した場合、投資に失敗した等というリスクもあります。自社に発生するリスクを想定し、経営者の不安要素を少しでも減らす為にはどのような事が出来るのでしょうか?

【リスクマネジメント】

上記のように、経営者には多くのリスクや、経営をしていく上での不安要素があります。経営者は、これらに対してどのように対策を取っていけばよいのでしょうか?まずは、経営者のリスクについて洗い出しを行っていきましょう。ここでは、リスクが重複する事はあっても、抜ける事がないように注意しましょう。次に、リスクを分析していきます。リスクが発生する頻度や起こってしまった場合の損失の強度を数値化して、リスクに対して優先順位を付けていきます。発生する頻度と、損失の両方が大きい物からマネジメントをしていきましょう。そして実際に、リスクが発生した場合の処理の方法も考えておく必要があります。最後にリスク処理をした場合の、成果を考えていきましょう。

【まとめ】

経営者は、売上をあげる事ばかりに意識が集中しがちですが、実はそれ以上に大切なのがリスクマネジメントなのです。それによって、経営者の不安要素を少しでも軽減し、事業や経営に集中できるようにする事が自社の発展と成長の為に何よりも大切な事なのです。

 

要注意!製造業でなくても製造物責任を負う?PL責任とは

製造業者必見!異物混入事故に関わる賠償責任とその金額

関連記事

  1. 要注意!企業の製品回収に関わるリコール費用の対策は充分?

    製品のリコール件数は年々増加傾向にありますが、リコールリスクに対する備えは万全でしょうか?商…

  2. 経営者が引き継ぎの手続きで慌てない為の注意点と相続

    多くの経営者は、後を継ぐ後継者問題に悩まされていると思います。後継者が決まっていても、会社の借入金や…

  3. 異物混入で賠償責任を負うことになったら?リスクに対応するために

    近年、食品などに対する異物混入問題などが取り上げられるなど、問題視されています。仮に異物混入が発…

  4. 活動目的によって分類される建設業共同企業体制度(JV)とは?

    建設現場などでよくJVと書かれた看板を見ることはありませんか?これは建設業共同企業体と言われ、複数の…

  5. 重要!経営者が負担する従業員の社会保険料は意外と多い

    経営者は、従業員を雇った場合に企業として負担する社会保険料についてしっかりと理解しておく必要がありま…

  6. 経営者も労災保険に加入できる!万が一のリスクに備え加入しよう

    労災保険は、従業員に対して災害を補償する国の保険ですが、条件によっては経営者も労災保険に加入する事が…

  7. 企業経営が悪化する原因は?中小零細企業の場合

    現在経営難に悩んでいる企業は多く、特に中小零細企業においては、商品が売れない、在庫が多くある、顧客が…

  8. 実態!建設業を取り巻く問題とは?これらの問題の改善策

    建設業界を取り巻く環境は年々悪化しており、低価格による過当競争や、人材不足などが大きな問題となってい…

PAGE TOP