menu

実態!経営者が負う事になるリスクと不安要素の軽減について

事業を経営していくトップには、常に様々なリスクがありそれは常に多種多様なものに変化しているため、リスクに対するリスクマネジメントも重要になってきます。経営者のリスクについて確認しながら、少しでも不安要素を軽減する為に必要なリスクマネジメントについても見ていきましょう。

【経営者が負うリスクと不安要素】

リスクとは、企業の運営に何らかの悪影響を与える要因を言い、これが経営者の悩みや不安要素の元になる場合が多くあります。経営者のリスクには、下記のようなものがあります。

・売上減少のリスク

企業の売上が減少した場合、取引先の支払いや、債務、従業員への給料の支払いなどが滞るリスクがあります。場合によっては経営者が、その責任を取り個人の財産で補填しなければならない事もあります。また、地震や災害、何らかのトラブルで生産ラインが停止し被害が出たり、盗難などによる大きな被害が生じる事もあるでしょう。

・賠償責任のリスク

また、自社の製品を使用した第三者に対して身体的被害を与えたり、物理的損害を与えた場合損害賠償を請求されるリスクがあります。更に他社の商標権や著作権などを侵害した場合も同様です。

・投資や、事業拡大のリスク

海外に進出したがうまくいかなかった場合や、新商品の開発が失敗した場合、投資に失敗した等というリスクもあります。自社に発生するリスクを想定し、経営者の不安要素を少しでも減らす為にはどのような事が出来るのでしょうか?

【リスクマネジメント】

上記のように、経営者には多くのリスクや、経営をしていく上での不安要素があります。経営者は、これらに対してどのように対策を取っていけばよいのでしょうか?まずは、経営者のリスクについて洗い出しを行っていきましょう。ここでは、リスクが重複する事はあっても、抜ける事がないように注意しましょう。次に、リスクを分析していきます。リスクが発生する頻度や起こってしまった場合の損失の強度を数値化して、リスクに対して優先順位を付けていきます。発生する頻度と、損失の両方が大きい物からマネジメントをしていきましょう。そして実際に、リスクが発生した場合の処理の方法も考えておく必要があります。最後にリスク処理をした場合の、成果を考えていきましょう。

【まとめ】

経営者は、売上をあげる事ばかりに意識が集中しがちですが、実はそれ以上に大切なのがリスクマネジメントなのです。それによって、経営者の不安要素を少しでも軽減し、事業や経営に集中できるようにする事が自社の発展と成長の為に何よりも大切な事なのです。

 

要注意!製造業でなくても製造物責任を負う?PL責任とは

製造業者必見!異物混入事故に関わる賠償責任とその金額

関連記事

  1. 要注意!企業の製品回収に関わるリコール費用の対策は充分?

    製品のリコール件数は年々増加傾向にありますが、リコールリスクに対する備えは万全でしょうか?商…

  2. 工場作業の多い製造業のリスク!どのように対応する?

    企業を取巻くリスクは年々増加しており、それは業種や業態によって多岐にわたります。製造業におけるリスク…

  3. リスクに備え企業はリコール製品回収保険の加入を検討しよう

    消費者保護の法律や、規定、推進が進む中製品の安全基準は年々高まっています。加えて消費者嗜好の多様化、…

  4. 経営者が行う収益方法の改善とは?経営改善をする為の有効策とは

    経営者にとって、事業の収益方法はとても重要になります。ですが、だからこそ間違った方法や経営理念の元で…

  5. 多くの経営者が勘違いしている!経営の真の目的は利益ではない

    企業とは何か、経営とは何かと問われると多くの経営者は「利益を生み出すもの」と答え「営利を目的とする組…

  6. 重要!建設会社が抱える4つのリスクとそれに対する備え

    昨今、工事現場や建設現場などで多くの事故が発生しており、建設会社が抱えるリスクも増加しています。また…

  7. 厚生年金との差を軽減!日本建築業国民年金基金に加入するメリット

    国民年金に上乗せして、厚生年金に加入しているサラリーマンなどの給与所得者と、国民年金だけにしか加入で…

  8. 経営者が知っておきたい企業におけるリスクとは?

    企業には様々なリスクがあり、これは年々多種多様化してきています。このため経営者もどのようなものがある…

PAGE TOP