menu

要注意!製造業でなくても製造物責任を負う?PL責任とは

製造物の欠陥によって、消費者に損害を与えた場合に企業は、製造物責任を負う事になります。しかし、これは製造業者だけに課せられるものではなく、実際に製造物を製造、加工、輸入していない場合でも製造業者として氏名を表示した業者は同じように責任を負う事になります。企業は、いつどこで責任を問われる事態になるかわかりません。PL責任について、しっかりと理解しておきましょう。

【製造物責任を負う人】

食品、医薬品、化粧品、日用品、家庭電器、自転車、自動車、コンピュータ―など世の中には、多くの商品が出回っています。これらの商品に、欠陥があり消費者の生命、身体、財産などに損害が発生した場合製造物責任を問われる事になります。実際に製造物責任は下記の人が負う事になります。

・製造業者・加工業者・輸入業者

・表示製造業者

実際に製造物を製造、加工、輸入していない場合でも製造業者として氏名を表示した業者は責任を負う事になります。また、製造業者としての表示はなくても製造業者と誤認されるような場合も責任を問われます。例えば、商号、商標、ロゴマークなどがこれにあたります。

・実質的表示製造業者

製造・加工・輸入・販売などの形態を考慮し実質的な製造業者と認められる業者も責任を負う事になります。

【製造物責任を負うケース】

それでは、実際にどのような場合製造物責任を負う事になるのでしょうか?実際のケースを見てみましょう。ある企業が、メーカーとOEM供給契約を結びメーカーから仕入れた商品のパッケージに当社のブランドを表示して小売店に卸していました。この商品を購入した消費者から、「不具合が原因でケガをした。損害賠償請求を求める」との連絡がありました。このような場合、この企業は実際に製造を行っていませんが、製造物やその包装、取り扱い説明書などに製造業者として表示されていた場合には賠償責任が生じます。それでは、この企業は製造物責任を負わない為にどうすればよかったのでしょうか?対策を見てみましょう。

【製造物責任を問われない為に】

実際に製造を行っていない場合でも、このように製造物責任を問われる事があります。今後「製造業者等」に該当しない為には、製造物の包装や、製造物事態に実際の製造業者として明示する事、販売者である場合は販売者として表示をする事などを徹底していく必要があります。具体的には、製造物の包装や製造物には「製造者○○」と記載し、販売者である企業は、「販売元○○」というような記載をする事です。

【まとめ】

自社が、製造に全く関わっていない場合は、損害賠償請求のリスクを考え販売元と記載を変更する事が大切です。しかし、製造物の製造、加工、輸入、または販売の形態から実質的な製造業者と認められるような商号などを表示した場合は製造業者として判断される事になりますので注意しましょう。

要注意!経営者が厚生年金に加入できる条件とは?

実態!経営者が負う事になるリスクと不安要素の軽減について

関連記事

  1. 輸出者だけでなく輸入者も加入すべき損害補償PL保険とは?

    商社や貿易会社で多く加入されているPL保険について、まだまだその重要性を知らない企業も多いのではない…

  2. 株主代表訴訟から役員を守る!役員個人が抱える賠償リスクとは?

    すっかりグローバル化した経済状況の中、変化し続けるビジネスの機会を見失わないように、役員はその複雑で…

  3. 事務所や資材置き場・倉庫に関する賠償責任保険の内容

    事務所や資材置き場・倉庫などの万が一のリスクに対して、補償される賠償責任保険があります。保険に加入し…

  4. 労災で訴訟を起こされる前に企業ができる対策を知っておこう

    企業におけるストレスや過労、長時間労働などの問題が原因で、アルコール依存症、高血圧、不眠症を訴える人…

  5. 会社役員を取巻くリスクは増加!法人の賠償責任保険の重要性

    近年、企業の不祥事によって会社役員が訴えられるケースは増加傾向にあります。原因は経営者自身の経営判断…

  6. 要注意!製造業に潜むリスクとは?PL保険の対象となるもの

    平成7年に施行されたPL法によって、商品の欠陥が原因で損害を受けたことを消費者が証明すれば、メー…

  7. 資材請負賠償責任保険の特徴と補償される範囲は?

    工事中は勿論、工事が完了した後にも工事を請負った会社には様々な賠償のリスクがあります。発生する様々な…

  8. 賠償責任を追及したくてもできない?請求には時効があるって本当?

    例えば建物を改築しようとしたら、10数年前に購入した敷地に瑕疵があり、改築に制約がかかることが判明し…

PAGE TOP