menu

会社役員を取巻くリスクは増加!法人の賠償責任保険の重要性

近年、企業の不祥事によって会社役員が訴えられるケースは増加傾向にあります。原因は経営者自身の経営判断ミスによるものだけでなく、従業員による不正取引や、情報漏えいなどの不祥事の管理責任を問われたり、株主総会訴訟を起こされたり取引先から訴えられたりと役員には様々なリスクがあります。役員が負う賠償責任と、それに対する備えについてみてみましょう。

【役員が負う賠償責任】
役員が賠償責任を負うのは主に、下記のような3つのケースになります。

・取引先
従業員による不祥事が原因で取引先に多額の損害が発生した場合、役員個人が管理体制の不備などを理由に責任を問われる場合もあります。

・従業員
従業員からセクハラ、パワハラ、労働問題などで訴えられるケースもあります。また不当解雇の場合は、社長や人事担当役員などが訴えられる場合もあります。

・株主
事業の失敗、経営の悪化などで会社に多額の損失が発生した場合、役員個人が管理責任を株主から問われるケースもあります。
このように、役員には様々なリスクがあるのです。

【賠償責任を問われた場合】
上記のような賠償責任を問われた場合、役員は最悪の場合個人の財産で補償をしなくてはいけなくなったり、家族にまで損害賠償が及ぶケースもあります。賠償金は莫大な金額になるケースが多く、とても個人の財産で補償できる物ではありません。このようなリスクに対して必要になるのが「役員賠償責任保険」です。また、この保険は役員を退任した後にも補償されますし、補償の対象者が役員全員であることや、役員が死亡した場合には、相続人に対して補償の対象になるため遺された家族も守ってくれます。
ここ数年で役員が訴えられるケースは確実に増加しています。会社経営をしている人は、自身は勿論ですが、大切な家族を守るためにもぜひ保険の加入を検討しておく必要があるでしょう。

【役員のリスクの注意点】
多くの役員の方が賠償責任リスクとして勘違いをしていることとして下記のようなものがあります。

・未上場企業は賠償責任について関係ない
上場しているか、していないかは関係なくどのような役員にも賠償責任リスクは発生する

・役員を退任すれば責任はない
退任後10年間は訴えられる可能性がある

・自分だけカバーできれば、家族には迷惑は掛からない
役員が死亡した場合、相続人に役員在任中の責任が引き継がれる
このように勘違いをしている人も多いのですが、役員のリスクは自分だけではありません。多額の賠償金を請求されるリスクは誰にでも起こり得ることです。万が一に備え、保険に加入することは、大切な家族の生活を守ることにも繋がるのです。

長引くと不利になる場合も!損害賠償責任には時効がある!

工場作業の多い製造業のリスク!どのように対応する?

関連記事

  1. 資材請負賠償責任保険の特徴と補償される範囲は?

    工事中は勿論、工事が完了した後にも工事を請負った会社には様々な賠償のリスクがあります。発生する様々な…

  2. 要注意!製造業に潜むリスクとは?PL保険の対象となるもの

    平成7年に施行されたPL法によって、商品の欠陥が原因で損害を受けたことを消費者が証明すれば、メー…

  3. 知らないと怖い!施設賠償保険とは?その補償内容と必要性

    自社ビルや不動産を所有している経営者の方は、施設賠償責任保険という物を知っていますか?あまり知られて…

  4. 要注意!役員の賠償責任から訴訟に発展!訴訟保険の必要性

    近年、多くの企業の会社役員に対して賠償責任が追及され訴訟に発展するケースが急増しています。株主代表訴…

  5. 製造業者必見!異物混入事故に関わる賠償責任とその金額

    食品衛生に対する法令や、企業の取り組み、国民の意識などに対して、日本は先進国の中でもトップクラスでは…

  6. 建設業者が加入する工事保険の特徴と保険金が支払われる場合

    建設業者には、様々なリスクがありますがそれらに対して備える工事保険というものがあります。工事保険にど…

  7. 建設業者には必要?万が一に備える使用者賠償責任保険とその内容

    従業員が業務中の災害によってケガをしたり、最悪の場合は死亡した場合には企業はその責任を問われる事にな…

  8. 賠償責任を追及したくてもできない?請求には時効があるって本当?

    例えば建物を改築しようとしたら、10数年前に購入した敷地に瑕疵があり、改築に制約がかかることが判明し…

PAGE TOP