menu

建設業者が加入する工事保険の特徴と保険金が支払われる場合

建設業者には、様々なリスクがありますがそれらに対して備える工事保険というものがあります。工事保険にどのような特徴があるのか、どういった時に保険金が支払われるのかを確認しておきましょう。

【工事保険の代表的なもの】

工事保険の中の代表的なものを見てみましょう。

(工事の目的物にかける保険)

これは自社所有物(建築物件、建築、設備資材など)にかける補償の事を言います。例えば、新築物件を請け負った場合の建築物件の事故、火災、盗難や、自社仕入れ資材、支給資材を盗難された、誤って破損したなどの場合に保険が下ります。

(作業中の賠償事故)

これは、施主や第3者の物を壊した場合、人に怪我をさせた場合などがあります。例えば、作業中に工具を落とし通行人に怪我をさせてしまった時や、資材搬入中に施主の壁や、フェンスを壊してしまった場合などがあります。また、引き渡し後に施工ミスが原因で水漏れを起こした場合や、強風で屋根が飛び通行人に怪我を負わせたなどの場合に適用されます。

(役員、事業主、従業員、下請け業者、アルバイトなどの怪我に対する補償)

これは、任意労災と言いバイクで通勤中に交差点で事故を起こし後遺障害を負った場合や、作業中に高所から落下し休業する事になった場合などに補償されます。

【工事保険の注意点】

新築の場合は保険の対象になりますが、リフォーム工事をしている時には注意が必要です。リフォーム工事の時に、賠償責任保険には加入しているが工事保険については加入していない人が多いのです。このような場合は、例えばビル1棟の改修工事を請負い、作業中に水濡れ、火災等の損害があった場合工事の目的物にかかる補償がなければ保険の対象になるものがなくなりますので気を付けましょう。上記の保険の中でも特に重要になってくるのは、第3者の為の保険でしょう。これらの保険への加入は、施工業者に必須になりますし、現場では労災補償も必須になってきますので覚えておきましょう。

【まとめ】

とりあえず工事保険に加入しているので、安心だという人も多いでしょう。しかし、実は保険で一番多いトラブルが事故を起こしたが加入している保険で補償されなかった、という事や、知らない間に無駄な保険に長年加入していたなどのトラブルです。保険に加入する時には、その補償内容や保険料などをしっかりと確認して納得してから加入するようにしましょう。また、疑問に思う事はその場で保険の担当者に聞いておくようにしましょう。

建設現場で必要になる安全管理には経営者と従業員間に差がある

経営者も労災保険に加入できる!万が一のリスクに備え加入しよう

関連記事

  1. 会社役員を取巻くリスクは増加!法人の賠償責任保険の重要性

    近年、企業の不祥事によって会社役員が訴えられるケースは増加傾向にあります。原因は経営者自身の経営判断…

  2. 工場が火事になった場合企業が負う賠償責任や従業員への補償

    工場内で爆発事故が起き火災が発生した場合には、工場の修復や復旧の為に最低数週間はかかるでしょう。この…

  3. 工事事故が起きたら請負業者だけでなく発注者にも責任はある?

    もしも、工事現場で発注者が適切な指示をせずに事故が起こった場合、発注者も損害賠償責任を負う事になるの…

  4. 気になる賠償責任保険で補償される金額と毎月の掛金

    工事を請け負った企業には、常に様々なリスクが発生します。このようなリスクに対して、保険ではどれくらい…

  5. リコール対象となった製品は迅速に通知の実施を!

    もし会社が製造した製品で負傷者が出た場合や、さらにその製品と同じバッチで生産された製品の内部に欠陥が…

  6. 賠償責任を追及したくてもできない?請求には時効があるって本当?

    例えば建物を改築しようとしたら、10数年前に購入した敷地に瑕疵があり、改築に制約がかかることが判明し…

  7. 業務中や昼休み中に自転車事故が起きた時の責任の所在は?

    現在、自転車運転のマナー違反や自転車による死傷事故などが社会問題になるなど、便利な移動のツールであり…

  8. 製造業で起こる異物混入事故の賠償責任とリスクマネジメント

    製造業では、どんなに注意をしていても、異物混入事故を完全になくすことは難しいでしょう。また、一度…

PAGE TOP