menu

工場の死亡事故リスクを最大限軽減させるための3つの方法!

近年工場での災害や事故が多く発生しており、中には悲惨な死亡事故も起きています。工場関係者や、現場で働く人達には、死亡事故を最大限軽減させるための3つの方法について、ぜひ知っておいてほしいと思います。

【1.リスクアセスメント】
多くの企業は、安全装置の導入だけで安心しておりそれが故障しない、安全装置が作動した後には問題は発生しないという前提でいるため万が一の対策が不十分であったり、対応が遅れるというリスクがあります。
企業は事故や、災害がいつ発生するかわからないということを想定して、万が一に備え対策を取ることが重要になってきます。

【2.現場にいる人の対応力の低下】
近年多く発生している事故を見ると、現場の人材の対応力の低下に起因するケースが増えていることに気づきます。例えば、工事現場にいる作業員の高齢化や、万が一のリスクに対するリスクアセスメントの伝承が不十分であったり、ということがあります。これらが原因で、事故や災害に繋がる危機管理能力が低下し、事故の原因特定や、対策について考えられる人物が少なくなっていることが大きな問題になっています。
今後は、これらを補うために現場にもITを導入していくことが検討されています。

【3.予算不足】
また、防災対策にかける予算が不足している事も挙げられます。特に中小企業や、下請、孫請け企業では製造設備の新規導入などに予算を割かれてしまうケースが多く、防災対策の予算がなかったり、あったとしても防災対策に対して十分に予算をかけることができず中途半端な防災対策になっている場合が多くあります。

【事故が起きたら】
では、実際に事故や災害が起きたら、どのようにして作業員に危険を知らせるかが重要になります。例えば、気象庁から発信される「緊急地震速報システム」を導入したりすることで、作業員を安全に迅速に避難させることができます。また複数個所の建物内にいる作業員に対しては、それぞれの放送設備を設置すると多額の費用がかかります。
このような場合は、信頼性の高い無線を利用するとコスト面も大幅に削減しながら、安全に防災対策をすることができます。

【まとめ】
工場での死亡事故や災害対策は、これで万全ということはありません。経営者は勿論ですが、そこで働く者全てが起こりうる様々なリスクを想定し、リスクの洗い出し、対策を常に行うことが重要になります。

工場火災のリスク!設備を万全にしておけば工場火災は防げる?

企業のリスクマネジメント!工場爆発事故で企業が負うリスク

関連記事

  1. 工場火災のリスク!設備を万全にしておけば工場火災は防げる?

    工場で火災が発生した場合、それは住宅火災とは比較できないほど大きな被害が発生します。工場には、燃えや…

  2. 製造・検査・運搬など工場での業務におけるリスクマネジメントとは?…

    もし工場で事故や災害、機械のトラブルが起きれば、自社だけでなく顧客や関連企業などにまで影響を及ぼすこ…

  3. 企業のリスクマネジメント!工場爆発事故で企業が負うリスク

    工場内で事故や災害などが発生すると、その被害は拡大され大きなものになります。企業は、これらのリスクを…

  4. 工場の改善・効率化の為の有効な取り組み方法とは?

    経営者のよくある悩みとして、工場の改善や・効率化などの取り組み方法がわからないという問題があります。…

  5. 儲かり続ける工場経営で必要なものとは?経営者が意識すべき事

    工場の経営で、儲けを出し続ける為には経営者のフォローと、従業員の適性を見出し評価する事が重要になって…

  6. 重要!工場で死亡事故が起きた場合には誰が安全管理責任を問われる

    もしも、自社の工場で死亡事故が起こってしまった場合誰にどのような責任が生じるのでしょうか?死亡事故が…

  7. 工事現場における火災のリスクと防火対策について

    日本は、高度経済成長を経て商業施設や、高層ビル、インフラの整備など目まぐるしい発展を遂げてきました。…

  8. 異物混入事故にはどんなものがある?混入を防ぐための対策

    昨今、ニュースや新聞で度々目にする機会が増えた異物混入事故ですが企業側にとってはまさに、イメージを低…

PAGE TOP